「マルマ」とは古来インドに伝わる「ツボ」のようなもの。仏教とともにマルマが中国に伝わり、ツボとして現地化していったのではと推測されています。そのマルマを刺激して、老眼、夜間頻尿、不眠、花粉症、耳鳴り、めまい、腰痛、ひざ痛など、さまざまな不調を治す手技が「マルマセラピー」です。【解説】橋本和哉(はしもと内科外科クリニック院長)

糖尿病

糖尿病の場合は、ひじの内側の2ヵ所にあるマルマを刺激するといい。それぞれ3回ずつ行う。


使うマルマクールバラ
ひじの内側の親指側と小指側の2ヵ所。左腕のひじの先端に右手親指を当てて腕を内側からつかんだときに、右手中指の先端が当たるところが親指側のクールパラ。中指の腹でまっすぐ押す。
そこから指幅4本分(人さし指から小指までをそろえた幅)左ひじの小指側に移動したところが小指側のクールパラ。右手親指の腹でまっすぐ押す。右腕も同様に刺激する。

画像: 糖尿病

花粉症

花粉症には、小鼻の両脇や首元にあるマルマに刺激を与える。それぞれ3回ずつ行う。


使うマルマファナ
小鼻の横。小指の先端でまっすぐ押す。左右同時に行う。

画像1: 花粉症


使うマルマアンス
片方の腕を体にピタッとつけて、ひじを45度に曲げ、反対側の首の付け根に人さし指と中指を当てて、中指の腹が当たるところ。そのまま中指の腹でまっすぐ押す。

画像2: 花粉症

老眼・疲れ目

老眼・疲れ目には目頭や首元、眉間、手首のマルマへの刺激が効果的。それぞれ3回ずつ行う。


使うマルマシンガータカ
目頭の横の鼻骨の付け根。中指の先端でまっすぐ押す。左右同時に行う。

画像1: 老眼・疲れ目


使うマルマアンス
片方の腕を体にピタッとつけて、ひじを45度に曲げ、反対側の首の付け根に人さし指と中指を当てて、中指の腹が当たるところ。そのまま中指の腹でまっすぐ押す。

画像2: 老眼・疲れ目


使うマルママニバンダ
手首の、手のひら側の中央。軽くこぶしを握った左の手首の両わきを右手の親指と中指で挟み、左手の手首を右回り・左回りの順で回す。指で直接押さなくてよい。右手も同様に刺激する。

画像3: 老眼・疲れ目


使うマルマスタッパニー
眉間のくぼみ。中指の腹でまっすぐ押す。

画像4: 老眼・疲れ目

夜間頻尿

夜間頻尿の人は、腕のインドラバスティ、足のインドラバスティを刺激する。それぞれ3回ずつ行う。


使うマルマ腕のインドラバスティ
ひじの内側の中央から指幅4本分(人さし指から小指までをそろえた幅)手首に寄ったところ。親指の腹でまっすぐ押す。

画像1: 夜間頻尿


使うマルマ足のインドラバスティ
ふくらはぎのほぼ中央。内くるぶしの上端から指幅4本分(人さし指から小指までをそろえた幅)上がり、そこからさらに指幅4本分上がったところに、足とは反対の手の親指を当て、すねの外側の同じ高さの位置にもう一方の手の親指を当てる。両手の中指の腹を足のインドラバスティに当てて、ふくらはぎの両わきを後方にしぼるように手のひらを動かす。

画像2: 夜間頻尿

不眠

不眠には手のひら、手首、頭、後頭部のマルマを刺激するといい。それぞれ3回ずつ行う。


使うマルマ手のタラフリダヤ
手のひらのほぼ中央。こぶしを作り、中指の爪先が当たる位置にある。反対の手の親指の腹でまっすぐ押す。

画像1: 不眠


使うマルママニバンダ
手首の、手のひら側の中央。軽くこぶしを握った左の手首の両わきを右手の親指と中指で挟み、左手の手首を右回り・左回りの順で回す。指で直接押さなくてよい。右手も同様に刺激する。

画像2: 不眠


使うマルマシーマンタ
頭頂部のやや後ろにあるへこみ(大泉門=前頭骨と頭頂骨が合わさるところ)。中指の腹をここに当てて、親指を除く4本指で、額の髪の生え際までのゾーン(写真内の破線部分)を押していく。

画像3: 不眠


使うマルマクリカーティカ
ぼんのくぼの両わきにある頭蓋骨と頸椎との境目。親指の腹で斜め上に押す。左右同時に行う。

画像4: 不眠
画像: この記事は『安心』2022年4月号に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『安心』2022年4月号に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.