耳ツボマッサージによるツボ刺激は、内耳を満たすリンパ液の循環不全を改善するため、耳鳴りやめまい、難聴といった症状の改善が見込めるのです。その循環不全が起こる原因として、自律神経の働きの乱れも挙げられます。並行して、ふだんの生活習慣の見直しも行いましょう。【解説】河合一志(東洋医学研究センター院長)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

河合一志(かわい・かずし)

東洋医学研究センター院長。鍼灸師。1992年、明治鍼灸大学(現:明治国際医療大学)鍼灸学部卒業。赤坂杏林堂、耳鼻咽喉科高度専門病院の神尾記念病院などでの勤務を経て、2006年に東洋医学研究センターを設立。毎年5000件を超える耳鼻咽喉科疾患の鍼治療を行い、耳鳴り、難聴、メニエール病、顔面神経麻痺などに対して大きな効果を上げている。
▼東洋医学研究センター

耳の不調に「耳ツボマッサージ」がおすすめ

口を開けるとできるくぼみにツボが3点並ぶ

耳鳴り、めまい、難聴……これらの症状は加齢に伴い、増えていきます。多くのかたは、耳鼻科に足を運ぶかと思いますが、完治に至らないことは珍しくありません。

当院では、そうしたかたに対して「耳ツボマッサージ」という手法をお勧めしています。その名のとおり、耳ツボを刺激することで症状を和らげることができます。

耳ツボの位置は下項をご参照ください。耳ツボマッサージで刺激する3つのツボは、口を開けた際にできるくぼみに縦に並んでいます。

耳の穴の前方に、小さな突起があります。口を開くと、その突起の前辺りに、くぼみができるのがおわかりになるかと思います。

そのくぼみの上側に位置するのが「耳門(じもん)」、中央に位置するのが「聴宮(ちょうきゅう)」、下側に位置するのが「聴会(ちょうえ)」というツボです。

耳ツボマッサージは、その3つのツボを同時に押さえます。10秒間押さえたら5秒休む、これを3回くり返すだけです。時間にして1分もかかりません。

私のお勧めは、これを朝昼晩とそれぞれ行うこと。耳鳴りやめまいの症状が出ているときに行うのもよいでしょう。

ちなみに、ツボの位置を把握できたあとでも、必ず口を開けて行ってください。そうすることで、下顎骨(あごの骨)が下がり、刺激を奥深くまで伝えることができるためです。

耳ツボマッサージのやり方

画像1: 耳ツボマッサージのやり方

口を開けながら、耳の突起の前方にある耳門、聴宮、聴会の3つのツボ(口を開けたときにへこむ部分)を両手の人差し指で押さえる。

画像2: 耳ツボマッサージのやり方

10秒間押さえ続け、5秒間休むのを1セットとし、3回くり返す。
※朝昼晩に1セットずつ、1日3回行う。
※耳鳴りがするときに行ってもよい。

なぜ耳鳴りやめまいといった症状が起こるのか?

なぜ、耳鳴りやめまいといった症状が起こるのでしょうか。

そもそも耳は、外耳・中耳・内耳の3つのパーツで構成されています。聞こえ方としては、まず外耳で音を取り込み、中耳で増強し、それを内耳で電気的エネルギーに変換して、脳に伝えるという流れです。

画像: なぜ耳鳴りやめまいといった症状が起こるのか?

内耳は、聴覚を司る蝸牛と、平衡感覚を司る前庭と三半規管からなる部位です。この内耳の異常から発生するのが、耳鳴りや難聴、めまいを主訴とする「メニエール病」です。

メニエール病の本態は、「内リンパ水腫」であるとされ、内耳を満たすリンパ液が過剰にたまり、感覚細胞が障害されることで起こるといわれています。リンパ液の産生と吸収の不均衡が、過剰にたまる原因だと考えられています。

音を聞くためには、内耳の働きが不可欠です。しかし、メニエール病になると、音の情報が内耳から脳へと正しく伝わらず、脳が耳鳴りを感じるといった症状が起こります。

また、平衡感覚を司る三半規管が正常に働かないため、激しいめまいに襲われます。

メニエール病以外に、突発性難聴に悩まれるかたも少なくありません。こちらは、蝸牛の中にある、有毛細胞が傷つくことで起こります。

内耳の循環不全の改善に役立つ

このように、耳鳴りやめまい、難聴といった症状の原因は多くの場合、内耳にあります。

内耳は、先にもお伝えしたように、リンパ液で満たされています。その循環不全を解消することが、症状の緩和にもつながるのです。

有毛細胞が傷つくのは、内耳の毛細血管の血流が悪くなることが、大きな要因の一つだと考えられています。そのため、突発性難聴は「耳の心筋梗塞」ともいわれます。

耳ツボマッサージによるツボ刺激は、内耳の循環不全の改善が期待できます。そのため、耳鳴りやめまい、難聴といった症状の改善が見込めるのです。

日々の生活の見直しや睡眠時間の確保も重要

ちなみに、リンパ液や血液といった、内耳の循環不全が起こる原因として、自律神経の働きの乱れも挙げられます。

自律神経とは、私たちの意志とは無関係に働き、内臓や血管をコントロールする神経です。この対象は、耳も例外ではありません。耳ツボマッサージは、この自律神経を調整する効果も期待できます。

耳ツボマッサージと並行して、ふだんの生活習慣の見直しも行いましょう。

メニエール病や突発性難聴といった難治性の疾患は、その原因がはっきりわからないとされていますが、大きな原因の一つと考えられているのが、疲労やストレス、不眠といった生活習慣です。これらは自律神経にも悪影響を及ぼします。

私自身、耳の症状に悩まされた時期がありました。若かったころは、ついつい無理を重ねてしまい、過労や睡眠不足によって突発性難聴や急性難聴をくり返し発症していたのです。私の場合は、症状が出るたびに、鍼治療とツボ刺激で対応していました。そのため、この症状に悩み、対応策がない場合のつらさはよくわかります。

経験上、難治性の耳の症状の改善には、1日7時間は睡眠時間を確保してほしいと強く思います。私は自己管理を徹底するようになってから、再発していません。

余談ですが、耳ツボマッサージは頭痛や顎関節症にも有効です。近年、コロナ禍のストレスにより、そういったお悩みを抱える患者さんも少なくないでしょう。そういったかたにも、お勧めです。

ストレスをためないことに気をつけながら、きちんと睡眠時間を確保し、耳ツボマッサージを続けることで、支障のない日常生活が実現できるでしょう。ぜひ、有効に活用していただければと思います。

画像: この記事は『壮快』2022年4月号に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『壮快』2022年4月号に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.