東京・三軒茶屋には、とてもめずらしい本屋さんがあります。猫本を専門に取り扱う書店「Cat's Meow Books(キャッツミャウブックス)」です。閑静な住宅街にある小さくてかわいい書店には、猫の本だけでなく、本物の猫もいます。3匹の猫たちはかわいい書店員さんとして、お客さんをお迎えしているのです。(連載15)

書店猫さんは「静かに寄り添う」のが仕事

3.23kmの猫旅です。

画像: 書店猫さんは「静かに寄り添う」のが仕事

お店は、玄関側の手前と奥の2つのスペースに仕切られていて、書店猫さんの担当は奥の空間。ここで静かにお客さんに寄り添うだけ。昼はコーヒーを飲みながら、夜はビールを飲みながら、猫と猫本を楽しめる本屋さんなんです。

画像: 店の奥は既刊(古本)もあるスペース。

店の奥は既刊(古本)もあるスペース。

画像: 本棚自体がキャットウォーク(猫の通り道)。

本棚自体がキャットウォーク(猫の通り道)。

画像: 書店猫さんは本を汚さず丁寧に扱います。

書店猫さんは本を汚さず丁寧に扱います。

書店猫さんは「保護猫カフェ」出身

書店猫さんは保護猫カフェからお迎えした猫たちです。人懐こくて、活発に動くキジトラ猫の読太(メス・5才)。甘えん坊の黒猫のさつき(メス・6才)。ツンデレなチョボ六(メス・6才)。

画像: 書店猫さん全員のスリーショット。

書店猫さん全員のスリーショット。

画像: 名前は男子風ですが読太(よんた)は女の子。

名前は男子風ですが読太(よんた)は女の子。

画像: 書店猫さんの専用スペースで寛ぐさつき。

書店猫さんの専用スペースで寛ぐさつき。

画像: 訪問時はよく寝ていたチョボ六。

訪問時はよく寝ていたチョボ六。

オーナーの安村正也さんは以前、庭先で3匹の兄弟猫を保護しましたが、1匹しか助けることができませんでした。そんな過去の思いが、猫のいる本屋さんを創るきっかけになり、売り上げの一部を寄付するなど保護猫の支援にも繋がっています。間接的に猫助けができると、お客さんからも好評です。

猫も人も居心地の良い空間

奥のスペースでは、書店猫さんたちがそれぞれ自由に過ごしています。中央にテーブルとイスが配置され、人間のお客さんは本を読んだり、ドリンクを飲んだりできますが、この空間ではすべてが猫優先。甘えたいときはお客さんの膝に乗ったり、静かにしていたいときは、部屋をぐるりと一周できるキャットウォークでお昼寝したりしています。

そしてこれが、お客さんにとっての最上級の接客です。のびのび過ごす猫たちと猫本を、じっくり眺めることができるのですから。

画像: ドリンクは中央のテーブルで頂きます。

ドリンクは中央のテーブルで頂きます。

画像: 部屋を一周できるキャットウォーク。

部屋を一周できるキャットウォーク。

画像: すやすやと寝ているチョボ六。

すやすやと寝ているチョボ六。

猫本フリークも納得の品揃え

お店に入ると、新刊、既刊(古本)問わず、本の多さに驚きます。「猫本ってこんなにある?」と思ってしまいますが、猫の写真集や絵本のほか、文中に猫が現れる本を集めだしたら、意外ときりがないのかもしれません。

店内には、ビブリオバトル(*)で活躍した安村さんが選書した猫本が揃っているうえ、気になる本はその場で解説してくれるので、楽しみながら安心して本を選ぶことができます。水木しげると手塚治虫の猫本が、それぞれ5冊以上置いてあってとっても驚きました。
*自分の気に入った本を持ち寄り、その本の魅力を紹介し合う新しいスタイルの「書評合戦」

画像: 玄関側のスペースとの間には仕切りがあり、書店猫は出られない工夫がしてあります。

玄関側のスペースとの間には仕切りがあり、書店猫は出られない工夫がしてあります。

画像: 玄関側のスペースには新刊とビジュアル本が並びます。

玄関側のスペースには新刊とビジュアル本が並びます。

画像: 三軒茶屋駅から徒歩10分程の住宅街にあります。

三軒茶屋駅から徒歩10分程の住宅街にあります。

画像: 訪れた際に購入した手塚治虫の『アトムキャット』と、店主・安村さんについて書かれた本『夢の猫本屋ができるまで』。Cat’s Meow Booksオリジナルブックカバーをかけてくれます。

訪れた際に購入した手塚治虫の『アトムキャット』と、店主・安村さんについて書かれた本『夢の猫本屋ができるまで』。Cat’s Meow Booksオリジナルブックカバーをかけてくれます。

Cat's Meow Books(キャッツミャウブックス)
東京都 世田谷区若林1-6-15
Tel. 03 6326 3633
アクセス:東急世田谷線西太子堂駅から徒歩2分
営業時間:14:00~19:30
定休日:毎週火曜日
▼キャッツミャウブックス®(Twitter)
▼Cat's Meow Books(Facebook)

作者プロフィール

南幅俊輔(みなみはば・しゅんすけ)

画像: 南幅俊輔 (みなみはば・しゅんすけ)

盛岡市生まれ。グラフィックデザイナー&写真家。デザイン事務所コイル代表。現在、デザイン以外にも撮影、編集、執筆を手がける。2009年より外で暮らす猫「ソトネコ」をテーマに本格的に撮影活動を開始。日本のソトネコや看板猫のほか、海外の猫の取材・撮影を行っている。著書に「ソトネコJAPAN」「猫と世界遺産の街カレンダー」(洋泉社)、「ワル猫カレンダー」「ワル猫だもの」「サーバルパーク」(すべてマガジン・マガジン)、「どやにゃん」(辰巳出版)など。企画・デザインでは「ねこ検定」「ハシビロコウのすべて」「ゴリラのすべて」(すべて廣済堂出版)など。

★新刊「美しすぎるネコ科図鑑」が好評発売中!

画像: 『美しすぎるネコ科図鑑』監修:今泉忠明 編:南幅俊輔(小学館)¥1,540(税込) www.amazon.co.jp

『美しすぎるネコ科図鑑』監修:今泉忠明 編:南幅俊輔(小学館)¥1,540(税込)

www.amazon.co.jp
画像: 『ワル猫だもの』南幅俊輔著(マガジンマガジン)¥815(税込) www.amazon.co.jp

『ワル猫だもの』南幅俊輔著(マガジンマガジン)¥815(税込)

www.amazon.co.jp

▼Sotoneko Japan(facebook)
*Sotoneko Japanではオリジナル猫雑貨も販売中
▼sotoneko_japan(Instagram)

This article is a sponsored article by
''.