変形性股関節症の人は、立ったり歩いたりすると関節の変形部分に圧がかかり痛みが生じます。ポールを使って歩くと、股関節にかかる圧が減少し痛みの軽減につながると考えられます。長い距離を楽しく歩けるようになると、活動量や運動量が増え、精神的にも明るく前向きになれます。【解説】本間大介(新潟万代病院 理学療法士)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

本間大介(ほんま・だいすけ)

新潟万代病院理学療法士、新潟大学大学院客員研究員。認定理学療法士(運動器)、医学博士。2012年、新潟医療福祉大学理学療法学科卒業。変形性股関節症の研究に取り組み、日本理学療法学術大会での発表や論文掲載など多数。ほか、NPO法人のぞみ会(変形性股関節症の会)やたんぽぽの会(変形性股関節症患者の会)の交流会の講師も務める。
▼新潟万代病院(公式サイト)

重心移動がスムーズになり正しい姿勢で歩ける

変形性股関節症の患者さんには、歩くと股関節に痛みを生じるかたが多くいます。歩く機会が減ると、股関節周りの筋肉や足腰の筋肉が衰えて身体機能障害が悪化し、さらに痛みが生じ、歩行能力が低下します。

この負のサイクルを断ち切り、股関節に変形や痛みがあっても快適に歩ける手段として、私は「ノルディックウォーキング」に注目しています。

私は大学時代、指導教官とともに、変形性股関節症の患者さんたちに、ノルディックウォーキングを試してもらう機会を得ました。そのとき、「痛みが出ず、ふだんより長い距離を楽に歩けた」との感想が多く聞かれ、変形性股関節症に対するノルディックウォーキングの効果を研究することにしたのです。

ノルディックウォーキングの歩き方は、大きく分けて「ヨーロピアンスタイル」と「ジャパニーズスタイル」(以下、ポールウォーキング)の2種類があります。

ヨーロピアンスタイルは、クロスカントリースキーのようにポールを後方に突いて、体を前に押し出すようにして歩きます。運動強度が強く、スポーツ向けの歩き方です。

一方、ポールウォーキングは杖を使って歩くときと同様に、ポールを前方に突いて歩きます。足腰の負担を減らしながら安全に歩けるため、中高年や運動経験の少ない人の健康増進に適した歩き方です。やり方は下項をご参照ください。 

私たちは、変形性股関節症の人がポールウォーキングをしたときの歩行の変化を詳しく調べました。

その結果、中殿筋などの股関節の外側にある股関節外転筋群(股関節を外側に開くために働く筋肉)の筋活動量が減少し、歩行中の体幹や骨盤の揺れを抑えることがわかりました。

画像: 重心移動がスムーズになり正しい姿勢で歩ける

これらの変化が、変形性股関節症の痛みや歩く姿(歩容)の改善にプラスに働くと考えました。

変形性股関節症の人は、立ったり歩いたりすると関節の変形部分に圧がかかり、痛みが生じます。ポールを使って歩くと、股関節外転筋群の活動量が減り、筋肉の収縮によって股関節にかかる圧が減少し、痛みの軽減につながると考えられます。

また、変形性股関節症が進むと、上半身を左右に揺らすような歩き方になります。ポールを突いて歩くことで歩行中の重心移動がスムーズになり、体幹や骨盤の揺れが抑えられ、正しい姿勢で歩けます。

ポールウォーキングで痛みをコントロールし、長い距離を楽しく歩けるようになると、活動量や運動量が増え、精神的にも明るく前向きになれます。股関節が痛む人や、手術の回復期を過ぎて、これから歩き方を変えて活動的に過ごしたいという人などに、特にお勧めです。

ポールウォーキングは普通の歩行と比べ、手や腕、体幹の筋肉を使い、運動強度が高くなります。自分の体力や症状に応じて、無理のない範囲で歩くことがたいせつです。

日常的に歩く習慣のある人は、まずはふだん歩いている程度の距離をポールを使って歩き、疲れぐあいを見ながら調整してください。運動習慣のない人は、特に無理は禁物です。

最初は短い距離を歩き、快適だと感じられる範囲で徐々に体を慣らして、少しずつ歩く距離を延ばしていきましょう。足や腰に痛みが出たら、翌日は休むことも必要です。

ポールウォーキングは、股関節痛のある人がよい歩き方で元気に歩ける喜びを取り戻し、自分らしく活動的に過ごすために大いに役立つと感じています。ぜひ試してください。

ポールウォーキングのやり方

ポールの長さの決め方

•普通の杖より少し長め
•身長(cm)×0.63が目安

画像1: ポールウォーキングのやり方

ポールを持って床に突いたとき、ひじが直角になるように長さを調節する。
※歩き方や体形などによって、最適な長さは異なる。

歩き方

画像2: ポールウォーキングのやり方

ポールの突き方

ポールの先端を、前へ踏み出した足(ポールと反対側)の土踏まずからつま先の間の横、かつ体のやや外側に、垂直に突く。

画像3: ポールウォーキングのやり方

ポールを用意できないときのセルフケア

なおポールウォーキングのポールは、杖では代用できません。専用のポールで、おのずと背骨や腰がまっすぐ伸びた起立姿勢が取れるのです。

そこで最後に、ポールを用意できない人のために、同様のメリットが得られるセルフケアをご紹介します。

まず、テーブルや壁に両手をつき、股関節が痛むほうの足を一歩後ろに引きます。
そして、お尻を前に突き出すようにして後ろの足のつけ根を伸ばします。
呼吸は止めないで、そのまま30秒キープ。
これを1日3回を目安に行いましょう。

画像: この記事は『壮快』2021年7月号に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『壮快』2021年7月号に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.