新型コロナ対策、そして日本人の死因第1位のがん対策として免疫力が注目される中、25年以上にわたってがんの食事療法を行っているのが、消化器外科医の済陽高穂医師。その済陽式の食事療法から、今回はがん予防、つまり免疫力の向上を目的としたレシピをご紹介します。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

済陽高穂(わたよう・たかほ)

1970年、千葉大学医学部卒業後、東京女子医科大学消化器病センターに入局。73年、国際外科学会交換研修員としてアメリカ・テキサス大学外科教室(J.C.トンプソン教授)に留学し、消化管ホルモンについて研究。帰国後、東京女子医科大学助教授。94年、都立荏原病院外科部長。2003年、都立大塚病院副院長。06年、千葉大学医学部臨床教授を兼任。08年、三愛病院医学研究所所長。トワーム小江戸病院院長。同年11月、西台クリニック院長。18年、同クリニック理事長。 主な著書・共著書に『今あるがんが消えていく食事』『がんが消えていく食事 成功の秘訣』『図解 今あるがんが消えていく食事』『令和版 100歳まで元気に生きる食事術』(いずれもマキノ出版)などがある。

「免疫力を高める最強のレシピ」献立作りのポイント

済陽式の食事療法の柱は、「塩分や動物性のたんぱく質・脂肪を控える」「新鮮な野菜・果物ジュースを大量にとる」ことの2つです。

これは、がん細胞の増殖を抑えて代謝(体内での物質の利用と入れ替わり)を整え、免疫力を高めるために必要です。私はそれを実践するためのポイントを、食事療法の6ヵ条にまとめています(別記事参照)。これをもとに、免疫力を高める献立作りのポイントをご紹介しましょう。

[別記事:免疫力を高める食事の6ヵ条→

画像: 献立の組み合わせ例

献立の組み合わせ例

主菜
1日1食は、未精白の穀物で作った主食をとりましょう。玄米、胚芽米、分つき米のご飯や、全粒粉のパン、パスタなどです。アワ・ヒエ・キビ・大麦などを白米に混ぜて炊く雑穀ご飯もお勧めです。

主菜・副菜・汁物
野菜、キノコ、海藻、イモ類、豆・豆製品などを中心にしながら、白身魚、青魚、貝類やエビ・カニ・イカ・タコなどを通常の7〜8割程度と、良質な卵を1日1〜2個とりましょう。

牛肉・豚肉・羊肉・馬肉、ハム・ウインナーなど肉の加工食品、マグロ・カツオ、タラコ・イクラなどの塩蔵品、チクワ・カマボコなどの練り製品は控えます。

味付けは、減塩しおや減塩しょうゆ、減塩みそなどを少量使います。酸味や香辛料、香味野菜などをうまく活用することで、減塩してもおいしくつくれます。

野菜・果物ジュース
新鮮な野菜・果物で作ったジュースを、1日に合計400~600ml飲みます。1日おき、週に3〜4回は飲みましょう。

このあとの項で、3種類の野菜・果物ジュースをご紹介しています。お好みのものや作りやすいものを選び、飽きないように変化をつけながら飲むとよいでしょう。

ヨーグルト
良質なヨーグルトや豆乳ヨーグルトを、1日300〜500gとります(乳がん、卵巣がん、前立腺がんなどの患者さんには豆乳ヨーグルトをお勧めします)。果物と組み合わせたり、ハチミツをかけたりして、飽きずにとれるように工夫してみましょう。

野菜ジュース

済陽式の食事療法では、がん治療のためには1日に合計1.5~2L、がん予防・免疫力アップのためには1日に少なくともコップ1~2杯(200~400ml)の野菜ジュースを飲みます。新鮮な野菜・果物でとるのが理想です。

ニンジン&大根&オレンジ&レモン

画像: エネルギー:186kcal 塩分:0.2g(各1人分)

エネルギー:186kcal 塩分:0.2g(各1人分)

【材料】(2人分)
ニンジン……2本 
大根……6cm
オレンジ……3個 
レモン……1個 
ハチミツ……小さじ1

【作り方】
ニンジンと大根は細長く切る。オレンジとレモンは外側の皮をむき、くし形に切る。
①をジューサーにかけ、ハチミツを加えて混ぜる。
 

キャベツ&セロリ&リンゴ&レモン

画像: エネルギー:216kcal 塩分:0.1g(各1人分)

エネルギー:216kcal 塩分:0.1g(各1人分)

【材料】(2人分)
キャベツ……4枚 
セロリ……2本 
リンゴ……2個 
レモン……1個 
ハチミツ……小さじ2

【作り方】
キャベツは1枚ずつ細長く丸める。セロリは細長く切る。リンゴはへたを取り、くし形に切る。レモンは外側の皮をむき、くし形に切る。
①をジューサーにかけ、ハチミツを加えて混ぜる。
 

チンゲンサイ&ハクサイ&リンゴ&レモン

画像: エネルギー:199kcal 塩分:0.2g(各1人分)

エネルギー:199kcal 塩分:0.2g(各1人分)

【材料】(2人分)
チンゲンサイ……3株 
ハクサイ……1枚
リンゴ……2個 
レモン……1個 
ハチミツ……小さじ2

【作り方】
チンゲンサイは適当な長さに切る。ハクサイは適当な長さに切り、1枚ずつ細長く丸める。リンゴはへたを取り、くし形に切る。レモンは外側の皮をむき、くし形に切る。
①をジューサーにかけ、ハチミツを加えて混ぜる。
 

主菜

済陽式の食事療法では、免疫力アップには肉(牛・豚)は2日に一度、塩分は1日5gまでにします。ここでは、素材の味を生かし、塩分が少なめでもおいしい料理をご紹介します。

厚揚げのゴーヤチャンプル

画像: エネルギー:252kcal 塩分:0.5g(各1人分)

エネルギー:252kcal 塩分:0.5g(各1人分)

【材料】(2人分)
厚揚げ……1丁  
ゴーヤ……1/2本 
ニンニク……1かけ 
ゴマ油……小さじ2
卵……1個 
カツオブシ……2g
酒……小さじ2 
 減塩しょうゆ……大さじ1/2 
 コショウ……少々

【作り方】
厚揚げは熱湯をかけて油抜きし、1cm幅に切る。ゴーヤは縦に切ってわたと種を取り、薄切りにする。ニンニクは薄切りにする。
フライパンにゴマ油とニンニクを入れて弱火にかけ、香りが出たら中火にし、ゴーヤを入れて炒める。ゴーヤに火が通ったら、厚揚げを加えて炒め合わせ、Ⓐの調味料を加えてからめる。
溶いた卵を全体に回し入れ、炒める。卵が半熟状になったら火を止める。
器に盛り、上にカツオブシをのせる。
 

スパニッシュオムレツ

画像: エネルギー:166kcal 塩分:0.6g(各1人分)

エネルギー:166kcal 塩分:0.6g(各1人分)

【材料】(2人分)
ジャガイモ……小1個 
ピーマン……1個 
マッシュルーム……2個 
卵……2個 
オリーブ油……小さじ2 
トマトケチャップ……小さじ2
無調整豆乳……大さじ1
 減塩しお……小さじ1/8 
 コショウ……少々

【作り方】
ジャガイモは皮をむき、千切りにする。ピーマンはヘタと種を取り、細切りにする。マッシュルームは石突きを取り、薄切りにする。
ボウルに卵を割り入れ、Ⓐを加えて混ぜ合わせる。
フライパン(直径18cm程度)にオリーブ油を熱し、①のジャガイモを炒める。火が通ったら、ピーマンとマッシュルームを加えてさっと炒める。②を注ぎ入れ、大きく混ぜながら半熟状にする。弱火にして、焼き色がついたら裏返し、焼き色をつける。
食べやすい大きさに切り分けて器に盛り、ケチャップをかける。
 

豆のスパイシートマト煮込み

画像: エネルギー:116kcal 塩分:0.2g(各1人分)

エネルギー:116kcal 塩分:0.2g(各1人分)

【材料】(2人分)
タマネギ……1/4個 
ニンニク……1/2かけ 
オリーブ油……小さじ1 
パセリ……少々
トマト缶(カット)……200g 
 ミックス豆水煮(食塩無添加)……50g 
 大豆水煮(食塩無添加)……30g
 カレー粉……小さじ1 
 減塩しお……小さじ1/6

【作り方】
タマネギは2cm角に切り、ニンニクはみじん切りにする。
鍋にオリーブ油とニンニクを入れて弱火で熱し、香りが出たら中火にし、タマネギをさっと炒める。
Ⓐを加えて混ぜ、煮立ったら弱火にしてふたをのせ、15分ほど煮る。
器に盛り、お好みでみじん切りにしたパセリをちらす。
 

厚揚げとピーマンのゴマみそ炒め

画像: エネルギー:229kcal 塩分:0.5g(各1人分)

エネルギー:229kcal 塩分:0.5g(各1人分)

【材料】(2人分)
厚揚げ……1枚 
ピーマン……2個 
赤パプリカ……1/3個 
ニンニク……1かけ 
ゴマ油……小さじ2 
いり白ゴマ……小さじ1
水……大さじ1
 減塩みそ……大さじ1/2 
 すり白ゴマ……小さじ1

【作り方】
厚揚げは熱湯をかけて油抜きし、1cm幅に切る。ピーマンとパプリカはヘタと種を取り、乱切りにする。
ニンニクは薄切りにする。Ⓐを混ぜ合わせる。
フライパンにゴマ油とニンニクを弱火で熱し、香りが出たら中火にし、①を炒める。しんなりとしたらⒶを回し入れ、炒め合わせる。
器に盛り、ゴマをふる。
 

副菜

副菜は、主菜だけでは不足する食材を補うのに最適です。野菜をはじめ、海藻やイモ類などのお勧め食材をふんだんに使い、しかも塩分控えめのメニューをご紹介します。

ホウレンソウのサラダ オニオンドレッシング

画像: エネルギー:39kcal 塩分:0.2g(各1人分)

エネルギー:39kcal 塩分:0.2g(各1人分)

【材料】(2人分)
タマネギ……1/8個
サラダ用ホウレンソウ……100g 
赤パプリカ……1/10個 
黄パプリカ……1/10個
レモン汁……小さじ1 
 オリーブ油……小さじ1 
 減塩しょうゆ……小さじ2/3 
 粗挽きコショウ……少々 

【作り方】
タマネギをすりおろし、耐熱ボウルに入れる。ラップをかけ、電子レンジ(600W)で20~30秒加熱する。粗熱が取れたら、Ⓐを加えて混ぜ合わせる。
ホウレンソウは4cm長さに切る。パプリカはヘタと種を取り、細切りにする。
器に②を盛り、①のドレッシングをかけていただく。
 

切り干し大根とコンブのゴマ酢あえ

画像: エネルギー:51kcal 塩分:0.2g(各1人分)

エネルギー:51kcal 塩分:0.2g(各1人分)

【材料】(2人分)
切り干し大根……20g 
乾燥刻みコンブ……2g 
酢……大さじ2 
 すり白ゴマ……小さじ2
 減塩しょうゆ……小さじ1/4

【作り方】
切り干し大根とコンブはたっぷりの水で戻し、水気をしっかりと絞り、食べやすい長さに切る。
ボウルにⒶを入れて混ぜ、①を加えてあえる。
 

サツマイモのハツミツレモン煮

画像: エネルギー:149kcal 塩分:0.1g(各1人分)

エネルギー:149kcal 塩分:0.1g(各1人分)

【材料】(2人分)
サツマイモ……150g 
レモン……1/2個 
水……1カップ 
 ハチミツ……大さじ1

【作り方】
サツマイモは1cm幅の輪切りにし、10分ほど水に浸し、水気を切る。レモンは薄い半月切りにする。
小鍋にⒶを入れて混ぜ、①を加えて中火にかける。煮立ったらアクを取り、弱火にしてふたをのせ、軟らかくなるまで煮る。

汁物

汁物は、体を温めて免疫アップに役立つメニューです。トウガラシなどのスパイスや、ニンニク、ショウガなどの薬味を上手に使えば、薄味でも驚くほどのおいしさになります。

根菜のみそ汁

画像: エネルギー:28kcal 塩分:0.4g(各1人分)

エネルギー:28kcal 塩分:0.4g(各1人分)

【材料】(2人分)
ゴボウ……1/6本 
大根……2cm 
ニンジン……2cm
ショウガ……1/3かけ 
だし汁……1と1/4カップ 
減塩みそ……小さじ1 
万能ネギ……1/4本

【作り方】
ゴボウは包丁の背で皮をこそげ取り、ささがき状に切って水にさっとさらし、水気を切る。大根とニンジンはイチョウ切りにする。ショウガは千切りにする。
鍋に①とだし汁を入れて中火で熱し、野菜に火が通るまで煮る。火を止め、減塩みそを溶き混ぜる。
器に盛り、小口切りにした万能ネギを散らす。
 

キノコの和風スープ

画像: エネルギー:12kcal 塩分:0.3g(各1人分)

エネルギー:12kcal 塩分:0.3g(各1人分)

【材料】(2人分)
干しシイタケ……2枚 
水……1/2カップ 
シメジ……30g 
マイタケ……30g 
だし汁……1カップ
減塩しょうゆ……小さじ2/3

【作り方】
干しシイタケは分量の水で戻し、石突きを取って薄切りにする。シメジは石突きを取り、小房に分ける。マイタケも小房に分ける。
鍋に①のシイタケの戻し汁・シイタケ・だし汁を入れて中火で熱し、煮立ったらシメジとマイタケを加える。キノコに火が通るまで煮たら、減塩しょうゆを加え、混ぜる。
 

カボチャとサツマイモの豆乳ポタージュ

画像: エネルギー:83kcal 塩分:0.3g(各1人分)

エネルギー:83kcal 塩分:0.3g(各1人分)

【材料】(2人分)
サツマイモ……50g 
カボチャ……50g 
無調整豆乳……1/2カップ
水……1カップ 
コンソメ(顆粒)……小さじ1/2

【作り方】
サツマイモは1cm厚さの輪切りにし、水に10分ほどさらし、水気を切る。カボチャは皮・種・わたを取り、一口大に切る。
鍋にⒶと①を入れて中火で熱し、煮立ったらふたをのせ、弱めの中火で10分ほど煮る。
粗熱が取れたら、ミキサーに②と豆乳を入れ、撹拌する。鍋に戻して中火で熱し、沸騰直前で火を止める。
 

ブロッコリーとマッシュルームのニンニクスープ

画像: エネルギー:19kcal 塩分:0.4g(各1人分)

エネルギー:19kcal 塩分:0.4g(各1人分)

【材料】(2人分)
ブロッコリー……1/3株 
マッシュルーム……4個 
ニンニク……1かけ 
水……1と1/4カップ 
 コンソメ(顆粒)……小さじ2/3

【作り方】
ブロッコリーは小房に分ける。マッシュルームは石突きを取り、半分に切る。ニンニクは薄切りにする。
鍋にⒶとニンニクを入れて中火で熱し、5分ほど煮る。ブロッコリーとマッシュルームを加え、さらに3分ほど煮る。

画像: この記事は『安心』2021年6月号に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『安心』2021年6月号に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.