「InTrip(イントリップ)」は、室町時代から続く禅寺として有名な京都の両足院、伊藤東凌和尚と開発した、“いつでも、どこでも、手軽に”、禅を生活に取り入れることのできるアプリ。このたび、InTripのアプリのトップ画面がリニューアルされました。禅を3つの要素に分けた体験ができるようになり、これまでより気軽に禅を生活に取り入れやすくなりました。

禅の3つの要素とは?

禅の3つの要素とは、気づく、ほどく、ととのえる。アプリでは、この3つについてそれぞれ下記のような体験ができます。

気づく

画像: 気づく

気づくとは、外の世界を意識することです。毎日変わる3分間の音楽を聞いて、その景色を想像してみてください。この「気づく」で想像力を鍛えることは、自分を知ることにつながります。「雨の日」「夕暮れ」など、毎日変わるテーマの音楽に耳を傾けて、感覚を研ぎ澄ませてみましょう。

ほどく

画像: ほどく

ほどくとは、自分の世界を形作っている言葉と向き合うことです。この「ほどく」で問いに向き合う癖をつけることで、自分の可能性を広げることができます。「やさしさとは」「リスクについて」「挑戦」「一週間を振り返る禅」など、さまざまなテーマの問いに向き合い、想像力を高めましょう。

ととのえる

画像: ととのえる

ととのえるとは、状況に応じて自分を変えていくことです。その季節にあった新しいプログラムを毎週お届けいたします。「お茶を楽しむ」「母に感謝を伝える」「靴をととのえる」など多数の禅プログラムからおすすめの禅を体験できます。

この3つすべてを毎日やる必要はなく、好きなものから、自分のペースで進めれば大丈夫。どのプログラムも3-5分程度なので、ちょっとした空き時間などに体験できます。ぜひ気軽にはじめてみてください。

毎日の生活に禅をインストール

まるで京都のお寺にいるような本格的な禅体験を、"いつでも、どこでも、手軽に”始めて、続けられるのがInTripのアプリの特徴。日本人の性格に合わせた瞑想で、忙しい毎日の中でも心をととのえ、丁寧な暮らしやパフォーマンス向上を実現させます。毎日の生活に禅をインストールしませんか?

画像: 伊藤東凌氏

伊藤東凌氏

◆アプリページ(iOSのみ)
InTrip(禅・瞑想音楽アプリ‪) ~禅や瞑想で暮らしをととのえる~

・登録無料
・Premiumプラン:月額980円
Premium禅プログラム・瞑想音楽などの多数のコンテンツのご利用と、メンバー専用コミュニティ・イベントへの参加が可能)

まとめ

ステイホームでずっと家に閉じこもっていると、鬱々とした気分になってくる…そんな時はぜひ「マインドフルネス」を心がけたいもの。しかし、なかなか自分ひとりで取り組むのは難易度が高いですよね。そこで、気軽にスマホでできる「禅」体験を取り入れてみてはいかがでしょうか?

This article is a sponsored article by
''.