フルーツに、防腐剤やツヤ出しワックスなどを使用されていることがあるでしょう。しかし、タワシなどでしっかりと洗えば、表面についている物はたいてい落とせます。それでも気になる人に私がお
勧めする方法は、①中性洗剤で洗う、②50℃のお湯につけるの二つです。【解説】本橋登(薬学博士・インド国立大学博士論文審査官)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

本橋登(もとはし・のぼる)

薬学博士・インド国立大学博士論文審査官。1966年、東北大学大学院薬学研究科修了。アメリカ州立カンザス大学客員教授、外国論文雑誌『Current Drug Targets』初代編集長(イギリス)、明治薬科大学教授、理事を経て現職。フルーツや野菜の効能や健康効果に詳しく、「フルーツ博士」として有名。フルーツの著書、研究論文も多数。

野菜を洗える中性洗剤を使う

[別記事:酢が苦手な人でも飲みやすいフルーツ酢の基本の作り方→

フルーツ酢を作る際、レモンやオレンジ、リンゴなど、季節によっては輸入物しか手に入らない時期があります。

例としてレモンを挙げると、輸入レモンは通常1ヵ月程度の時間をかけて船便で運ばれてきます。そのため、防腐剤やツヤ出しワックスなどを使用されていることがあるでしょう。

しかし、タワシなどでしっかりと洗えば、表面についている物はたいてい落とせます。

それでも気になる人に私がお勧めする方法は、次の二つです。

中性洗剤で洗う

野菜や果物を洗うための洗剤や、または野菜や果物を洗ってもよい食器洗い用の中性洗剤があります。この洗剤を用いてフルーツを洗います。洗剤で洗った後は、流水でしっかりと中性洗剤を落とすようにします。

50℃のお湯につける

洗ったフルーツを、50℃ほどのお湯につけます。表面に付着した汚れやワックスは、50℃以上のお湯でたいてい取り除けます。

しかし、60℃以上の熱いお湯につけてしまうと、フルーツ本来のツヤが失われるなど、熱によるダメージも考えられます。そのため、お湯の温度は50℃くらいが最適でしょう。

どのフルーツであっても、食品衛生法で、防腐剤には使用してもよい量の限度が決められています。

また、フルーツ酢にする場合、皮を大量に食べるわけではありませんし、先に紹介した方法で外側を十分に洗えば、人体に害を及ぼすようなことは起こりにくいと私は考えています。

しかし、感じ方や考え方には個人差があります。どうしても気になる人は、皮をむいたフルーツでフルーツ酢を作るとよいでしょう。

■フルーツのワックスの落とし方

タワシでしっかりと洗う
リンゴやレモンなどフルーツの表面を、お湯をかけながらタワシでしっかりと洗う。

中性洗剤で洗う
野菜洗いと書いてある中性洗剤や、野菜を洗ってもよい食器用の中性洗剤(ラベルの用途に「食器、野菜、果物」などと明記されている)が市販されている。それらを使ってフルーツの外側をよく洗う。洗剤はしっかりと流水で落とす。

画像: 【果物のワックス】タワシで皮をしっかりこすればOK さらに50℃のお湯につければなお安心

50℃のお湯につける
洗ったフルーツを、50℃のお湯につける。熟したかんきつ類など軟らかいフルーツなら5分程度、リンゴや青いレモンなど硬いフルーツなら10分程度がつける時間の目安。

画像: この記事は『安心』2021年1月号別冊付録に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『安心』2021年1月号別冊付録に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.