高麗手指鍼には抗炎症作用や血流促進作用があることが分かっています。ですから慢性腎炎のように腎臓に炎症を起こしている病気では、炎症が速やかに引いていきます。お灸は鍼ほど強力ではありませんが、毎日続ければ鍼と同じような効果が期待できます。【解説】小松隆央(こまつ鍼灸院院長)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

小松隆央(こまつ・たかお)

こまつ鍼灸院院長、小松式高麗手指鍼研究会代表。高麗手指鍼の理論を元に、頸椎症の治療や、腎臓病の進行を防ぎ、人工透析を回避するための独自の治療を行い、成果を挙げている。著書に、『腎臓病との闘い方、お教えします』(現代書林)がある。
▼こまつ鍼灸院(公式サイト)

手のひらにある「腎臓のポイント」を刺激

私は20年ほど前から、手のひらに鍼を打つ「高麗手指鍼」という療法で、腎臓病や頸椎症の治療に当たってきました。

現在、当院の患者さんの約6割は腎臓病で、その多くは、人工透析を宣告されるような重症患者さんです。それでも、約7割の方に効果があり、透析を先延ばしにしたり、クレアチニンの数値が改善できたりしています。

私が腎臓病に力を入れるようになったのは、急性糸球体腎炎の患者さんを治療したのがきっかけでした。その方は「将来、人工透析か腎移植になる」と医師から言われていましたが、私の治療でどんどんよくなっていき、6~7年でほぼ寛解したのです。

この経験から、高麗手指鍼が腎臓病に効果があることを確信し、腎臓病に特化した治療を行うようになりました。

私が行っている高麗手指鍼は、1975年に韓国の柳泰佑氏が創案したものです。私は、これに日本人の体質や病気などを加味し、改良を重ねて、現在の「小松式高麗手指鍼」を完成させました。

高麗手指鍼の基本的な考え方は、手に全身の臓器と経絡(生命エネルギーである気の通り道)が縮図化されているというものです。手を広げると、中指の一番上が頭で、そこから甲側に背骨が伸び、手のひらに全ての内臓があると考えます。

この手のひらにある腎臓のポイントを、鍼やお灸で刺激すると、反応が腎臓に現れて、腎臓の機能の回復や、病気の進行の抑制に役立ちます。

もう少し具体的に説明しましょう。

高麗手指鍼には、抗炎症作用血流促進作用があることが分かっています。ですから、腎臓のポイントを刺激すると、慢性腎炎のように腎臓に炎症を起こしている病気では、炎症が速やかに引いていきます。

また、腎不全のように、ネフロン(腎臓で尿を作るシステム。糸球体とボーマン嚢から成る腎小体と尿細管が一つの単位。片方の腎臓に約100万個ある)が少しずつ死滅していく病気では、ネフロンの血流が促されて、ネフロンが復活します。

もちろん、完全に死んでしまったネフロンは元に戻りませんが、仮死状態なら、よみがえる可能性が高いのです。さらに高麗手指鍼には、免疫(体の防衛機構)を強化する作用があるので、自然治癒力が引き出され、悪いところが自然に治っていきます。

体に害なく行える腎臓のセルフケア

当院の患者さんには、来院していただいての鍼治療に加え、自宅では、セルフケアとして、手のひらにお灸をするように勧めています。お灸は、鍼ほど強力ではありませんが、毎日続ければ、鍼と同じような効果が期待できます。

やり方は次の通りです。

腎臓のポイントは、中指の付け根の横ジワの中央と、手首の一番上の横ジワを結ぶ点の中間点から、小指側に5mmほど真横に行ったところにあります。

画像: 腎臓のポイントの位置。

腎臓のポイントの位置。

その辺りを、つまようじのとがっていない側で強く押すと、痛みを感じるところがあります。そこがポイントです。

画像: つまようじのとがっていない側で押し、特に痛い点を探す。

つまようじのとがっていない側で押し、特に痛い点を探す。

そこに市販のお灸をはり、火をつけます。最初は、ヤケドをしないように、熱くなったら外します

画像: お灸は、「熱くなってきた」と感じた時点で外す。

お灸は、「熱くなってきた」と感じた時点で外す。

腎臓が悪い人ほど熱さを感じにくいのですが、何回かやっているうちに熱さを感じるようになります。そうなったら、2回、3回と続けてお灸をします。じんわりした熱で、20分くらい温めてください。

糖尿病があり、糖尿病性腎症が心配な人は、腎臓の2cmくらい小指寄りにある膵臓のポイントにもお灸をすると、糖尿病の進行を抑えられます。

画像: 膵臓のポイントは腎臓のポイントから2cmほど小指側に入ったところ。

膵臓のポイントは腎臓のポイントから2cmほど小指側に入ったところ。

効果をさらに高めるには、つまようじを4~5本束ねて、とがっている側で、腎臓のポイントを痛くない程度にツンツンと押します。お灸と交互にすると、効果的です。

画像: 腎臓のポイント周辺を痛くない程度に刺激する。

腎臓のポイント周辺を痛くない程度に刺激する。

お灸は、基本的には両手に行いますが、両手にするのが大変な場合は、後天的な体質を表す左手だけにしてもいいでしょう。

また、入浴の前後30分を除けば、いつしても、何回しても構いません。すればするほど効果があります。

お灸のよさは、体への害が一つもないことです。子どもからお年寄りまで、誰がしても安全です。そして、どんな人にも、一律に効果があります。

腎臓病は自覚症状が少ないので、効果が分かりにくいのですが、続けるうちに、クレアチニンの数値が改善したり、病状の進行が止まったり、という例も多くみられます。また、「だるさが取れて、体が軽くなった」「体調がよくなった」という声もよく聞きます。

ただし、注意していただきたいのは、西洋医学の診療を受け、食事療法もきちんと行った上で行う、ということです。ここがおろそかになっていると、鍼やお灸の効果も見込めません。

それに留意した上で、自分でできる腎臓の養生法として、ぜひ、手のひらお灸をお試しください。

画像: この記事は『安心』2020年10月号に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『安心』2020年10月号に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.