腎臓病の治療法や薬には、どんなものがあるのでしょうか。また、腎臓病が進行して人工透析を受けることになったとき、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。そうした疑問について、赤羽もり内科・腎臓内科院長、森維久郎先生にご回答いただきました。【回答】森維久郎(赤羽もり内科・腎臓内科院長)

回答者のプロフィール

画像: 回答者のプロフィール

森維久郎(もり・いくろう)
腎臓内科医。三重大学医学部医学科卒業。東京医療センター研修医、千葉東病院腎臓内科・糖尿病内科、東京北医療センター総合内科/腎臓内科、ふくだ内科を経て、2020年5月に「赤羽もり内科・腎臓内科」を開業。人工透析予防や生活習慣病の予防を目指し、診療を行っている。webサイト「腎臓内科.com」で、腎臓病の情報を積極的に発信中。
▼赤羽もり内科・腎臓内科(公式サイト)
▼腎臓内科.com(森先生が発信している腎臓の情報サイト)

Q1. 腎臓病の治療法や薬には、どんなものがありますか。

A1.
腎臓病を直接治す薬はありません。高血圧や糖尿病の治療、食事療法、運動療法が基本となります。

現在、腎臓病を直接治す薬はありません。腎臓を守る作用のある降圧剤や血糖降下剤はありますが、血圧や血糖値をコントロールする治療と、食事療法、運動療法が基本となります。

また、末期腎不全になって腎臓の機能が落ちると、人工透析腎移植という、腎代替療法(腎臓の代わりをする治療)を行います。

人工透析には、病院で受ける血液透析と、自宅でできる腹膜透析があります。日本では、腎代替療法の9割以上が、血液透析です。

Q2. 他の病気の薬や市販薬で、腎機能が低下するものはありますか。

A2.
代表的なものは、消炎鎮痛剤のロキソニンです。

腎機能を低下させる薬はいろいろありますが、代表的なものが、ロキソニンです。

これは非ステロイド性の消炎鎮痛剤で、「COX」という酵素に作用して痛みを抑える一方で、腎臓の血流を減らして、腎臓を障害します。この薬に脱水や高齢、カルシウムの過剰摂取などが重なると、腎機能が急激に低下することがあります

どうしても飲まなければならないときは、主治医と相談の上、水をしっかり飲み、定期的な検査で腎機能をチェックしながら飲んでください。漫然と飲み続けたりするのは、よくありません。

画像: 腎臓の悪い人はロキソニンに注意が必要!

腎臓の悪い人はロキソニンに注意が必要!

Q3. 腎臓病だと、他の病気のリスクも高まりますか。

A3.
高血圧になりやすくなります。悪化すると、心筋梗塞や心不全のリスクも。

腎臓病は、糖尿病高血圧と相互に悪影響を与え合っています。

腎臓病になると、高血圧などの合併症を発症しやすくなりますし、高血圧があると腎臓病は悪化します。また、糖尿病性腎症が進行すると、高血圧になりやすくなります。

さらに腎臓病が悪化すると、心筋梗塞心不全のリスクも高まります。

Q4. 人工透析のメリットとデメリットについて、教えてください。

A4.
延命できますが、身体機能が健常者の5割まで落ちます。ただし、いきなり人工透析になるのが一番危険。必要になったらどうするか、前もって考えておきましょう。

人工透析は、腎臓の代わりに不要な水分や毒素を除去する治療法です。腎臓病が進行し、もう打つ手がない場合は、人工透析や腎移植などの腎代替療法を行うしかありません。

人工透析のメリットは「延命できること」です。

一方で、デメリットは多くあります。人工透析になると、身体機能が健常者の5割まで落ちるという報告があり、合併症も増えます。また、時間的にも拘束されます。

ここで腎臓病の方にお伝えしたいのは、「人工透析が必要になったらどうするか」を、前もって考えておいてほしい、ということです。

「人工透析は絶対にしたくない」という人は多いですが、ぎりぎりまでがんばったあげくに透析になるのが、実は一番危険です。

人工透析を行うには、「シャント」という血管を手術で作る必要があります。その手術から透析までには、数週間は空けたほうが安全とされています。

それが、いきなり人工透析が必要な状態になると、首の血管に管を入れ、そこから透析をすることになります。これには出血や窒息のリスクがありますし、感染リスクも高まります。

また、体力がなくなってから透析を始めるより、多少でも体力が残っているうちのほうが、透析を元気に受けられます。

ですから、透析にならないように治療しながら、5%くらいは透析を排除しない心の準備も必要です。

また、「どんな状態になっても透析をしない」という選択肢も、もちろんあります。十分に考え、ご家族や主治医とよく話し合って、納得のいく治療を選んでください。

画像: この記事は『安心』2020年10月号に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『安心』2020年10月号に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.