まぶたがピクピクしたり、足がつったりするかたは要注意。マグネシウムが不足すれば、ストレスへの対処力が低下し、メンタル不調を引き起こしやすくなります。私がお勧めしているのが「にがり」の活用です。【解説】奥平智之(医療法人山口病院副院長 ・日本栄養精神医学研究会会長)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

奥平智之(おくだいら・ともゆき)
医療法人山口病院副院長 ・日本栄養精神医学研究会会長。精神科医・漢方医。認知症専門医。「メンタルヘルスは食事から」をモットーに栄養医学を取り入れた臨床を行う。鉄欠乏の女性を「鉄欠乏女子(テケジョ )」、栄養改善だけで良くなるうつ状態を「栄養型うつ」と命名し、食事や栄養の大切さを啓発している。著書に『マンガでわかるココロの不調回復 食べてうつぬけ』(主婦の友社)など。

腎機能が低下している人は注意が必要です。特に人工透析を受けている人は、急に血管が広がって低血圧になる危険性がありますから、飲むのを控えてください。

まぶたのピクピク足のつりは要注意!

私は日ごろ「メンタルヘルス(心の健康)は食事から」をモットーに、栄養専門の精神科医として、診療を行っています。

きちんと食べているつもりでも、自分では気がつかないうちに、栄養の摂取量と必要量のバランスが崩れていることがあります。そんなかたに食事について指導し、適切な栄養をとっていただくと、うつ症状をはじめとする心の不調が劇的に改善するケースが多くあります。

鉄やたんぱく質、ビタミンB群、亜鉛など、人によって足りない栄養素はそれぞれですが、多くのかたが不足しがちな栄養素の一つとして「マグネシウム」が挙げられます。

皆さんはマグネシウムが足りているでしょうか? 下のチェックリストで確認してください。まぶたがピクピクしたり、足がつったりするかたは要注意です。

マグネシウム欠乏のチェックリスト
□ 足がつりやすい□ 手足がしびれる
□ まぶたがピクピクする□ けいれんがある
□ 筋力低下、筋肉痛になりやすい□ 高血圧
□ 頭痛がある□ 脈が早い
□ 生理痛が重い□ 下痢や便秘をしやすい
□ あまり食欲がない□ アルコールやカフェインをよくとる
□ 物忘れが多い□ 加工食品を食べることが多い
□ 精神的ストレスが多い4つ以上は黄色信号。6つ以上は赤信号。
奥平智之著「マンガでわかるココロの不調回復 食べてうつぬけ」
(主婦の友社)p62より

マグネシウムは、筋肉をリラックスさせる「筋弛緩ミネラル」で、「筋収縮ミネラル」であるカルシウムとバランスを取っています。

そのため、マグネシウムが欠乏すると筋肉が収縮し、けいれんを起こすのです。血管の筋肉が収縮すれば、高血圧にもなります。

メンタルに影響を与えるGABAセロトニンなどの脳内ホルモンの生成にも、マグネシウムは欠かせません。マグネシウムはGABAに作用し、弱いですが天然の抗けいれん薬、抗不安薬、睡眠薬のように働きます。心を安定させるセロトニンの生成にもかかわります。

さらに、マグネシウムは副腎の抗ストレスホルモンのコントロールをサポートしています。不足すれば、ストレスへの対処力が低下し、メンタル不調を引き起こしやすくなります。

このように、重要な働きをしているマグネシウムですが、現代人は食生活の変化などから、マグネシウム欠乏に陥りがちなのが現実です。

そこで、私が患者さんにお勧めしているのがマグネシウムを豊富に含む「にがり」の活用です。

マグネシウムを補給するサプリメントもありますが、理想は、食事を中心に十分量(1日当たり400〜500mg)のマグネシムを摂取することです。にがりは水などの飲み物に入れたり、料理に加えたりして、日常生活に簡単にとり入れられるという利点があります。

私も実践するにがり歯磨きもお勧め!

私のお勧めのにがりのとり方は、飲み物に入れること。マグネシウムは、水分子のクラスターを細かくするので、飲み物の味がまろやかになります。

商品によってマグネシウムの含有量や、一滴に出る量が違うので、厳密にはいえませんが、お茶や水などの飲み物に、数滴垂らすとよいでしょう。患者さんには、飲み物だけでなく、毎食のみそ汁にも入れることを勧めています。

私は、食事での摂取に加え、にがりを歯磨きにも使っています。にがりを数滴、直接口に入れて、歯を磨きます。マグネシウムは粘膜からも吸収されるので、口腔内の粘膜からの効率的な吸収が期待できます。

歯磨きは朝晩の習慣なので、歯磨きとにがりをセットにすれば、確実にマグネシウムの補給ができます。歯磨きだけでなく、マグネシウムの吸収ができ、歯ぐきも引き締まるので、一石三鳥です。

にがりは、スーパーや通信販売で気軽に購入できます。マグネシウムの含有量が豊富で、水銀などの有害ミネラルが除外してあり、放射性物質が不検出の物を選びましょう。メーカーのホームページや問い合わせなどで確認することができます。

とる際には、注意点もあります。にがりを原液で大量に飲むと、下痢高マグネシウム血症になる恐れがあります。

また、飲み物や料理ににがりを入れ過ぎると、味がしょっぱくなってしまいます。水やお茶がまろやかで味が変わらない量、料理がおいしくなる程度に使いましょう。

[別記事:にがりのとり方&活用法→

画像: この記事は『壮快』2020年7月号に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『壮快』2020年7月号に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.