耳鳴りマッサージによる特効ツボの刺激により、内耳の循環不全が改善し、自律神経が調整されることで、耳鳴りやめまい、難聴といった症状が改善します。頭痛や、顎関節症などにも有効です。それらの症状で悩んでいるかたは、ぜひ試してみてください。【解説】河合一志(東洋医学研究センター院長)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

河合一志(かわい・かずし)
東洋医学研究センター院長。1992年、明治鍼灸大学(現:明治国際医療大学)鍼灸学部卒業。赤坂杏林堂、神尾記念病院などでの勤務を経て、2006年に東洋医学研究センターを設立。耳鼻咽頭科専門の鍼治療を行い、耳鳴り、難聴、メニエール病、顔面神経麻痺などの治療にあたっている。

口を開けて行うと刺激が奥深くまで伝わる

耳鳴り、めまい、難聴といった耳の疾患は、耳鼻科にかかっても、なかなかよくならないことが珍しくありません。

例えば、耳鳴りや難聴、めまいを併発することが多いメニエール病は、長年にわたって苦しんでいる人が多いですし、突発性難聴は、発症後の治療時期が遅れるほど、改善しにくくなることが知られています。

こうした難治性の耳の疾患に悩むかたに、私は耳の特効ツボを使った「耳鳴りマッサージ」をお勧めして効果を上げてきました。

まず、耳の特効ツボの位置を説明しましょう。

耳の穴の前方に、小さな突起があります。口を開けると、その突起の前あたりにくぼみができます。くぼみの中央に位置するのが、「聴宮(ちょうきゅう)」というツボです。その上に、「耳門(じもん)」、下に、「聴会(ちょうえ)」というツボがあります。この三つのツボを刺激します。

画像1: 口を開けて行うと刺激が奥深くまで伝わる

刺激の仕方は、下の図を参考にしてください。

口を開けながら、耳門、聴宮、聴会を結ぶ線を人差し指の腹で押さえます。そのまま10秒間押さえ、5秒間ほど休みます。

これを3回くり返して、1セットとします。そして、朝昼晩1セットずつ、1日3セット行ってください。実際に、耳鳴りやめまいといった症状が出ているときに試してみてもいいでしょう。

画像2: 口を開けて行うと刺激が奥深くまで伝わる

なお、刺激を行うときは、必ず口を開けてください。そうすることによって、下顎骨(あごの骨)が下がり、ちょうどツボの位置に隙間ができます。そこを押すことで、刺激を奥深くまで伝えることができるのです。

ではなぜ、このマッサージが効果的なのか説明しましょう。

三つの特効ツボを刺激し内耳の循環が改善!

そもそも、耳の不調が起こっている際は、内耳の循環不全が生じていることが多いものです。つまり、血液やリンパ液の循環が悪くなっています。

例えば、メニエール病は、「内リンパ水腫」といわれます。内耳の蝸牛や前庭を満たすリンパ液の循環が悪くなり、内耳が水ぶくれの状態になる結果として、耳鳴りやめまいなどの症状が起こっているのです。

突発性難聴は別名、「耳の心筋梗塞」とも呼ばれています。血栓ができるわけではありませんが、ストレスや過労によって、内耳の毛細血管の血流が極端に悪くなることが大きな要因の一つと考えられます。

また、こうした内耳の循環不全が起こる原因として、血液やリンパの流れをコントロールしている自律神経の働きの乱れが挙げられます。

耳鳴りマッサージによる特効ツボの刺激により、内耳の循環不全が改善し、全身の自律神経が調整されることで、耳鳴りやめまい、難聴といった症状が改善するのです。

耳鳴りマッサージは、頭痛や、顎関節症などにも有効です。日ごろから、それらの症状で悩んでいるかたは、ぜひ試してみてください。

メニエール病や突発性難聴といった難治性の疾患の場合、発症前に、ストレス過労睡眠不足などが重なっていることが少なくありません。症状を根治させるためには、誘因となった悪しき生活習慣の見直しも大事です。

私は、難治性の耳の症状の改善のために、1日7時間は寝てほしいと、皆さんにお願いしています。

実は、かくいう私自身、耳の症状に悩まされてきた一人です。若かったころの私は、ついつい無理を重ねて、過労と睡眠不足になりがちで、突発性難聴や急性難聴をくり返し発症していました。

そのたびにツボへの治療で対処していましたが、今の治療院を開業してまもないとても大事な時期に再発。それ以来、睡眠時間を確保するなど、自己管理を徹底してきました。おかげで、今では再発することはありません。

セルフケアを根気よく続けながら、皆さんも、よく眠ることや、ストレスをためないことなどをぜひ心がけてほしいと思います。

画像: この記事は『壮快』2020年7月号に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『壮快』2020年7月号に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.