カキドオシには、弱った体を強くする作用があるので、慢性のカゼや強壮に用います。また、排泄能力を高める働きがあり、ダイエットや腎臓病、気管支炎、膀胱炎、神経痛、尿道炎、胆石などにも効果を発揮します。【解説】平田真知子(薬草コンサルタント)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

平田真知子(ひらた・まちこ)

昭和45年より独学で薬草の研究を始め、その後、長崎市の植物学者・高橋貞夫先生に師事し、薬草研究を行う。昭和60年より各地の薬草会の指導を始め、自治体の健康づくり大会で健康相談や、保健所、公民館、老人会や農協などで講演など行う。主宰する「薬草の会」には数百名もの会員が40~100歳という幅広い年齢で在籍している。会員は皆、声にハリがあって大きく、肌ツヤよく、認知症やがんとはほぼ無縁で過ごしている。

今が摘みどき、作りどき!
「カキドオシ」
【効果・効能】花粉症、湿疹、アトピー性皮膚炎、老人性皮膚掻痒症、じんましん

癇癪持ちがおとなしくなる薬草

春の時期、散歩をしていると、原っぱや道端で、薄紫色のかわいい花をつけた雑草と出合います。それが「カキドオシ」。漢字では「垣通し」と書きます。垣根を越えて、どこまでもはびこっていくことから、この名前が付きました。

丸くギザギザの葉がお金に似ているので、「連銭草」との呼び名もあります。また、かんしゃく持ちの子どもに飲ませるとおとなしくなるので、別名「カントリソウ(疳取り草)」ともいいます。たくさんの呼び名があるのも、要はそれだけ古くから利用されてきたということでしょう。

花が咲くのは、3月から5月末まで。まれに白い花もあります。同じような花をつけるホトケノザと似ていますが、カキドオシには独特の臭気があります。かなりプンプンと臭うので、間違えることはまずありません。

花をつける春先になると、ぐっと立ち上がって延びていくのが特徴で、長いものでは1mほどにもなります。もっと成長すると自分の重みに耐えきれず、ベタッと地べたに下がり、節々から根を出して採りにくくなるので、採集は今頃の花の時期が向いています。


カキドオシには、弱った体を強くする作用があるので、慢性のカゼや強壮に用います。また、排泄能力を高める働きがあり、ダイエットや腎臓病、気管支炎、膀胱炎、神経痛、尿道炎、胆石などにも効果を発揮します。子どもの疳の虫を抑えるには、お茶代わりに飲ませるとよいでしょう。

タラノキの皮とカキドオシを同量で合煎したものを服用すると、糖尿病に効くことが知られていますが、私が指導する「薬草の会」には、カキドオシだけを飲み、血糖値が正常値になった会員がいます。

この方は60代後半の男性で、血糖値を下げる薬を服用していたそうです。ところが、カキドオシの成分を煮出した煎液を2ヵ月ほど飲み続けたところ、薬がいらなくなったと喜んでおられました。奥さんが熱心にやる方で、朝昼晩きちんきちんと煎液を分服したのがよかったのでしょう。毎日小一時間ほどウォーキングもやっていたそうです。

カキドオシには特有の臭いがあるので、煎液は決して飲みやすいものではありません。ですが、この臭いは精油成分です。つまり、カキドオシはハーブの一種ともいえます。

本来はアルコールにつけたほうが薬効を引き出せるはずですが、そこまで面倒な手間はかけたくない人や、強い薬効はなくてもカキドオシの力を簡単に得たい人は、料理で丸ごと食べればよいのです。

料理に用いるのは、葉と花です。熱湯で1分ほどさっとゆで、冷水にさらします。水を数回入れ替えると、独特な臭いが消えます。水をよく切ってから、塩やしょうゆなど、好みの調味料で味付けしてください。

酒の肴にも最適

私がよく作るのは、酢みそあえです。「ああ、また食べたい」と思うような、とてもおいしい一品になります。かまぼこやイカなどを入れると、ちょっとオツな酒の肴にもなります。

花も食べられますから、一緒に盛り付ければ、見た目も上々です。せっかくですから、ゆで汁も飲むようにすると、カキドオシの薬効を余さず体にとり込むことができます。ゆで汁を飲むことを考えるなら、初めから飲み干せるくらいの量のお湯でゆがくといいですね。

カキドオシは、天ぷらや油炒めでもおいしくいただけます。薬草には全く関心のなかった人でも、今しか味わえないグルメということで興味を持ち、それをきっかけに薬草の世界にのめり込む人もいます。

最近は、農薬や品種改良で、野菜の力も落ちています。こうした薬草は、市販の野菜にはない生命力に満ちているので、体をすこやかに保つため、毎日の食卓にどんどん取り入れたいものですね。

カキドオシの酢みそあえ

【用意するもの】
カキドオシ適量

画像1: カキドオシの酢みそあえ

【作り方】
カキドオシを適量採取して、葉を手でむしり取って、沸騰したお湯で1分ほどゆでる。花も食べられるので、お好みで一緒にゆでてもいい。

画像2: カキドオシの酢みそあえ

ゆで終わったら、冷水で冷やす。何度か水を入れ替えて、臭いを洗い流し、水をよく切ってから酢みそで和えて完成。

新茶はカテキンが豊富

画像: 新茶はカテキンが豊富

新型コロナウイルス感染の脅威がいまだ続いています。皆さまも不安を抱えておられることでしょう。そこで、今すぐできる簡単な対策として、身近な「緑茶」の活用法を特別に追加したいと思います。

一般的に、薬草は、植物の成長がピークに達した時期に採集して用いるものです。ところが、お茶に限っては、新芽を摘みます。お茶の主成分であるカテキン、カフェイン、グルタミン酸は、新芽に最もたくさん含まれているからです。

新芽のお茶を「新茶」といいますが、それより後のものに、番外のお茶ということで「番茶」があります。

番茶には、「病人やお子様でも飲めます」とわざわざ但し書きが添えてありますけれども、つまりは成分がそれだけ弱いということ。逆に言えば、新茶は成分が強いのです。

口内の菌を減らすには

コロナ対策は、もっぱら手洗いとアルコール消毒、マスクばかりが喧伝され、口の中の殺菌のことはほとんどふれられていません。

けれども、お茶に含まれるカテキンには、殺菌作用と抗ウイルス作用があることは学術的に確認されています。新型コロナウイルスに対する有効性は不明ではあるものの、お茶をどんどん飲めば、口の中に入ったあらゆる菌やウイルスを弱らせる、あるいは殺菌することはできるわけです。

それを証拠に、私がある雑誌の取材を通じて知り合ったお医者さんは、私が送ったカテキンの効果を大いに実感しているとのこと。「病院には、今でもコロナの疑いがある患者がちらほらいるので、梅肉エキスやカテキンで予防しつつ、気を抜かず診療していきます」と、先日もメールをもらいました。

新茶が出回るのは、5月から7月頃まで。まさに、今こそ大いに飲んで、感染予防に役立ててほしいと思います。

緑茶の殺菌作用・抗ウイルス作用をより高めるには、通常の2〜3倍くらい、たっぷりと茶葉を使い、濃く抽出したものを飲むのがポイントです。1日10〜15杯のお茶をちょこちょこと小分けにして飲みます。

お茶を飲むときは一口目が肝心

飲むときは、一口目に気を付けていただきたいです。口に含んだら、ゆっくりと口内全体にお茶を巡らせてから飲み込むようにしましょう。二口目からは、普通に飲んで結構です。

さらに、効果を高めるには、殺菌効果に定評のある梅肉エキスとの併用をお勧めします。通常は1日に小豆1粒分をとれば十分ですが、今は非常時ですから、大豆1粒分くらいを、酸が強いので食後にとるようにしてください。

手洗い、アルコール消毒、マスクが大事なことは言うまでもありません。しかし、こんなときは一つの予防法に頼ることなく、さまざまな合わせ技で新型コロナウイルスを撃退しようではありませんか。

画像: この記事は『安心』2020年6月号に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『安心』2020年6月号に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.