股関節痛の原因がいかなる場合でも、その多くに共通するのは、股関節を動かす筋肉が緊張してガチガチにかたくなっていること。そこで今回は、多くの股関節痛に効果が期待できる「テニスボール指圧」をご紹介します。【解説】前田祐樹(慢性腰痛・自律神経専門整体院 natura-ナチュラ-院長)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

前田祐樹(まえだ・ゆうき)

慢性腰痛・自律神経専門整体院 natura-ナチュラ-院長。柔道整復師。整形外科勤務などを経て、整体院 natura-ナチュラ-を開院。慢性腰痛の治療を専門にし、体のさまざまな症状のケアに当たる。YouTubeの登録者数は3万人を超え、セルフケアの動画はわかりやすいと大好評。https://www.youtube.com/channel/UCMLp_VU6PBaHT8pg5bQnuOQ(「整体院ナチュラ」で検索)

股関節を動かす筋肉が緊張している!

股関節は、「立つ」「座る」「歩く」といった日常の基本動作に欠かせない関節です。全身の関節のなかでも、特に負担がかかりやすい部位といえます。

当院にも、股関節の痛みを訴える患者さんが多数訪れますが、その原因はさまざまです。

股関節痛は、股関節や、その周囲に、なにかしらのトラブルが発生したと思われがちですが、実はそれだけではありません。足や足首、ひざや腰に問題があり、股関節痛に襲われるケースもあります。

ときには、内臓のトラブルや精神的なストレスが原因となり、それが巡り巡って、股関節痛を発症させることもあるのです。

股関節痛の改善には、ストレッチなどの毎日のセルフケアが非常に有効です。ただし、自分に適したケアはなんなのか、痛みの原因をしっかりと見定めなければ、効果はあまり期待できません。

そのため、当院では、患者さんが初めて来院された際、まず徹底的にカウンセリングや問診を行って、痛みの原因を探ります。そのうえで施術をして、患者さんに適したセルフケアを提案するのです。

とはいえ、股関節痛の原因がなんなのか、自分で探し当てることは困難でしょう。

そこで今回は、多くの股関節痛に効果が期待できる、簡単なセルフケアをご紹介します。それが、「テニスボール指圧」です(やり方は下項参照)。

股関節痛の原因がいかなる場合でも、その多くに共通するのは、股関節を動かす筋肉が緊張して、ガチガチにかたくなっていること。かたくなった筋肉をテニスボールでほぐし、緊張を緩めれば、痛みの緩和につながります。

深呼吸をしながらゆっくり行うと効果的

テニスボールでほぐすのは、次の2ヵ所です。

まずは、骨盤の前側にある出っ張りの10cm下辺り。この出っ張りを上前腸骨棘といい、股関節を動かすための重要な筋肉が付着しています。うつぶせになって、その周囲の筋肉をまんべんなくほぐしていきましょう。

画像: 深呼吸をしながらゆっくり行うと効果的

もう一つは、股関節の背面で、お尻の横辺りです。太ももの骨(大腿骨)のいちばん上に、大転子と呼ばれる出っ張りがあります。そこから、骨盤の中央にある仙骨の間にも、股関節を動かす筋肉があります。あおむけになって、ほぐします。

基本的に、痛みがある側を行いましょう。気をつけてほしいのは、無理をせずに、ゆっくりと行うこと。必ず、痛みが出ない範囲で行ってください。

深呼吸をしながら、吐く息に合わせて、ゆっくり行うと、より筋肉が緩みやすくなります。

テニスボール指圧は、1日1回を目安に行ってください。股関節を動かす筋肉をほぐすことが目的なので、お風呂上がりに実行すると、効果的です。

このテニスボール指圧は、「歩くと足のつけ根が痛む人」「しゃがむと股関節がつっかえる人」「足を組むと股関節が痛む人」には、特にお勧めです。

反対に、お勧めしないのは、安静時に痛みがある人」です。無理にほぐそうとすると、ますます炎症が強くなり、痛みが悪化しかねません。また、人工股関節の置換手術などを受けた直後も控えてください。

テニスボール指圧のやり方

※1日1セットを目安に行う。
※安静時に痛みがある人や、手術直後の人はやらないようにする。

■やり方(うつぶせ)

画像1: テニスボール指圧のやり方
画像2: テニスボール指圧のやり方

痛むほうの股関節にテニスボールを当てて、テニスボールを転がすようにお尻を左右に20回振る。
当てるポイントを下にずらし、同様に20回行い、さらに下にずらして20回行う。
当てるポイントを①から内側にずらして20回、そこから下にずらして20回、さらに下にずらして20回行う。

■やり方(あおむけ)

画像3: テニスボール指圧のやり方
画像4: テニスボール指圧のやり方

あおむけになって、痛むほうのお尻にテニスボールを当てて、同じ側のひざを立てる。ひざを外側に広げる動きを20回行う。
当てるポイントを内側にずらして20回、さらに内側にずらして20回行う。


こうしたポイントに注意して、コツコツと続けたかたの多くは、股関節痛が改善しています。なかには、次のような患者さんもいます。

Mさん(50代・女性)は、趣味である山登りの最中に、左の股関節の前側に激痛が走り、途中で下山を余儀なくされました。どうやら、足を前に出す動作をすると、痛みが出るようです。カウンセリングで判明したのは、Mさんの場合、足首の使い方に問題があることでした。

そんなMさんに、足首のケアを施しつつ、自宅でのセルフケア法としてテニスボール指圧を行ってもらいました。すると、1週間で痛みが取れて、無事に趣味の山登りも再開できたと喜んでいました。

テニスボール指圧は、私の公式YouTubeチャンネルでも詳しく紹介しています。ほかにも、股関節痛に効果があるストレッチを紹介しているので、併せてご覧ください。

画像: この記事は『壮快』2020年6月号に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『壮快』2020年6月号に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.