ふらつきを訴える外来の患者さんは多いものですが、ニンニク油がてきめんに効果を発揮します。また、緑膿菌の感染症に対して、医学論文でも、抗生剤とアホエンの併用が有効であるという報告がされています。【解説】篠浦伸禎(東京都立駒込病院脳神経外科部長)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

篠浦伸禎(しのうら・のぶさだ)
1958年生まれ。東京大学医学部卒業後、富士脳障害研究所、東京大学医学部附属病院、茨城県立中央病院、荏原病院、国立国際医療センターにて脳神経外科医師として勤務。1992年、東京大学医学部の医学博士を取得。同年、米国シンシナティ大学分子生物学部に留学。2000年より東京都立駒込病院脳神経外科医長、2009年より部長。脳の覚醒下手術ではトップクラスの実績を誇る。著書多数。「ニンニク油」については、『ニンニク油で脳がぐんぐん若返る!』(マキノ出版ムック)などがある。

毛細血管の微小循環を改善

[別記事:ニンニク油の作り方→

私は多くの患者さんにニンニク油をお勧めしていますが、改善例は枚挙にいとまがありません。

ふらつきを訴える外来の患者さんは多いものですが、ニンニク油がてきめんに効果を発揮します。飲んでもらうと、次に診察したときは、明らかに顔色がよくなり、元気になられているのです。

実際に、「今まで階段を上りきったところでふらついていたのがまったくなくなった」「年に一度はカゼを引いていたのが引かなくなった」と患者さんはおっしゃいます。

「記憶力が悪くなった」という患者さんにニンニク油と瞑想を勧めて、1年後に大きな変化が現れたこともあります。脳の画像で変化を比較したところ、アルツハイマー病の発症に関係する後部帯状回という部分の血流が改善していました。

ニンニクには、血流、特に毛細血管などの微小循環の改善作用があるため、脳の活性化に重要な物質を送り込むことができ、脳の働きもよくなったのではと推測されます。

ニンニク油で、感染症がよくなった例もあります。

下垂体腫瘍の手術後に髄液漏(※1)による感染症を起こした患者さんがいました。手術後に高熱を出した場合、西洋医学では抗生剤を投与するだけなのですが、ニンニク油もいっしょにとってもらうことにしました。

すると、翌日には平熱に戻り、白血球が正常化し、またたく間に回復されたのです。これは抗生剤だけでなく、ニンニク油の効果もあったと確信しています。

実際に医学論文でも、緑膿菌の感染症に対して、抗生剤とアホエンの併用が有効であるという報告がされています。

ニンニク油を飲んだ患者さんは、切開した傷の治りが早いことにも驚きました。

覚醒下手術(※2)の前に飲んでもらうと、手術中に嘔吐するかたが減り、治療実績も向上しています。

※1 脳を包んでいる硬膜が破れ、髄液が体外に流出してしまう重篤な状態
※2 全身麻酔をしないで患者の意識がある状態で行う脳の手術

画像: ニンニク油は、1日にティースプーン4杯が目安

ニンニク油は、1日にティースプーン4杯が目安

血圧が下がった例も

ニンニク油を取り始めてから、脳腫瘍が消えた60代の男性もいます。このかたは、腫瘍が急激に増大する、脳腫瘍の中でも悪性度の高い膠芽腫でした。

手術をしたのですが、取り切れなかった腫瘍の増殖率が高く、術後に再びマヒが悪化。手が動かなくなってしまいました。

その後、ニンニク油をはじめとする食事療法を行ってもらうと、腫瘍が消失。マヒの症状もほぼなくなったのです。また、ニンニク油には、腫瘍を小さくする作用があることもわかっています。

画像: 60代男性の脳の画像 手術で取りきれなかった脳の腫瘍が消えた!

60代男性の脳の画像
手術で取りきれなかった脳の腫瘍が消えた!

脳梗塞の後遺症にも、ニンニク油は力を発揮します。

70代のKさんのご主人は、脳梗塞で倒れた後、高次機能障害が残り、うまくしゃべれなくなりました。

しかし、ニンニク油をドレッシングに利用したところ、喜怒哀楽が戻り、新聞やテレビなどへの興味が出てきました。言葉も以前より通じるようになりました。さらに、ひどい便秘だったのが、毎日出るようになったそうです。

80代の女性・Mさんは、脳梗塞を繰り返し、認知症が進み、一日中ほとんど寝て過ごしていました。

ところが娘さんがニンニク油を飲んでもらうようにしたところ、Mさんは起きている時間が増え、散歩に行きたいという意欲も出てきて、言葉も少しずつ戻ってきました。

さらに、ひざ痛がかなり改善し、血圧も下がり、安定したそうです。

脳梗塞を起こすと、脳の血流が悪くなり、脳機能の低下を招きます。しかし、脳の微小循環が改善されれば、脳の細胞が活動するためのエネルギーを得やすくなり、脳の機能が改善するのです。

コレステロール値も改善

まだまだ、改善例はあります。

70代の女性・Oさんは、善玉コレステロールが、ニンニク油を飲むようになってから基準値に戻りました。血糖値も下がり、立ちくらみが2週間ほどで解消。口内炎も1〜2日で治るようになったと言います。

83歳の主婦・Kさんは、乾燥しがちでザラザラしていた肌がスベスベになり、血色もよくなりました。不眠も改善して、現在は、薬の種類を半分に減らすことができています。

80歳の主婦・Tさんは、原因不明のめまいや貧血がニンニク油で改善。血圧やコレステロール値、中性脂肪の値が基準値内に改善するという効果もありました。

73歳の男性・Fさんは、胃痛、胃の腫瘍が消え、カゼも引かなくなったと言います。

胃痛に限らず、ひざ痛や腰痛など、体の痛みは血流の低下によることが多く、血流をよくするニンニク油で改善することも多いのです。

[別記事:ニンニク油の作り方→

画像: この記事は『ゆほびか』2020年5月号に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『ゆほびか』2020年5月号に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.